もはやIT用語ではない!?意外と身近な「UI」「UX」

みなさんUIという言葉には比較的馴染みのあるのではと思いますが、似たような言葉でUXって一体なんなんだろう?UIと具体的に何が違うの?と思われている方が多いのではないかと思います。この記事ではこの2つの言葉がそれぞれどのような概念で、どのような関係性にあるのかを説明します。

もはやIT用語ではない!?意外と身近な「UI」「UX」

CATEGORY:

 UI(ユーザーインターフェース)とは?

UI(ユーザーインターフェース)とは、人とモノの接点のこと、を指します。これだけだと結局よくわからないので具体例をあげれば、

・スマートフォンで見ているWebサイトに表示されている情報(デザインやフォントなど)
・クルマの運転席についているハンドルやメーターなど
・家電製品についているスイッチなど

上記はすべてUIの一種と言えます。一般に「UIをデザインする」といった表現をすることが多いですが、このときは多くの場合「見た目を美しくする」という意味合いで使われている場合がほとんどです。

では、UX(ユーザーエクスペリエンス)とは?

「Experience:エクスペリエンス」が「体験・経験」と訳せるように、UXは人がモノやサービスに触れることで得られる体験や経験のことを指します。例えばあなたがUIの優れたWEBサイトに訪問したとしましょう。「UIが優れた」ということには

・見た目が美しい
・直感的に理解しやすい・操作しやすい
・フォントが見やすい

などの要素が含まれます。このサイトを訪れて

・快適にシステムを利用することができた
・自分のほしい情報をすぐに手に入れることができた
・ストレスなく作業を終わらせることができた

と言った経験をユーザーは得ることができたとします。商品やサービスに触れて、ユーザーが感じることすべてがUXと言えるのです。

UI/UXという言葉は多くの場合並べて使われることが多いですが、その理由は「何のためにUI/UXをデザインするのか」というメッセージをより強く発信するためであると言われています。より良いUXを提供するための手段としてUIデザインがあり、この2つは切っても切れない関係と言えます。

もはやIT用語ではない?いろんなUXを考えてみよう

UI/UXはIT用語、もっと言えばウェブサイトの見やすさを指す言葉だと思っていた方も多いのではないでしょうか?

これらの言葉が最初に使われ始めた時はそうだったのかもしれませんが、現代社会に生きるビジネスパーソンとして、UI/UXを日々意識することは自身の仕事・プライベートの質を高める上で非常に有効な手段の一つです。

何もWEB系企業に勤める会社員だけが気にする類のものではないのです。

例えば飲食店で見やすくわかりやすいメニューを提供すること、注文しやすいようにタブレットを導入してみること、従業員の元気で気持ちの良い接客をマニュアル化してみること、これらはすべてUIを洗練させることでUXを向上している例と言えます。

まとめ

社会に対して何らかの価値を提供するビジネスパーソンとして、自分が提供できている価値(=UX)は十分に質の高いものであるか、またその質を高めるための手段としてどのような工夫(=UI)ができるか、今一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

この記事の関連商品

関連記事

各種お問合せ × 閉じる
電話でお問合せ